気づかれにくい「非定型うつ病」を克服しよう。

うつ病に悩みを抱える方は、たくさんいます

その中でも、特に近年、「非定型うつ病」に悩まされる方が多く見られるようになりました。
非定型うつ病とは、近年見られるようになった新しいタイプのうつ病のことを指します。
通常のうつ病とは症状が異なるため気づかれにくいうつ病ではありますが、それも通常のうつ病と同様、治療することで克服することができます。
そんな非定型うつ病の克服方法について、このサイトでは説明しています。

現代人に多い病気

忙しく動きまわる現代社会において、ストレスを抱えながら生きている方は多く見られます。仕事によるストレスはもちろんのこと、対人関係によるストレス、居住環境や職場環境によるストレス、家庭でのストレスなど、そのストレスの種類は人によってさまざまです。
それらのストレスを上手く解消させながら、ストレスと上手く向き合いながら生活している方も多く見られますが、ストレスを解消させることなく、それらを常日頃抱え込みながら生活をしている方も少なくはありません。
そういった方に関しては、「うつ病」を発症してしまう方も多いのではないでしょうか。

うつ病とは、一般的には、何に対しても興味がわかなくなったり、やる気が出なくなったり、ひどい悲壮感や絶望感を感じる精神障害のことを指します。列記とした病気でもあり、それを治すための治療法や治療薬もたくさん存在しています。
現在、日本には約600万人以上のうつ病患者がいると言われているほど、それは多くの人々がかかる病気でもあるのです。うつ病とは、誰でもなりうる病気でもあり、場合によっては「死」をもたらしてしまうほどの恐い病気でもあります。
しかし、自分がうつ病であることをしっかりと把握し、しっかりと治療を行なっていくことで、十分治せる病気でもあります。

こうした一般的なうつ病とは、主に「メランコリー型うつ病」と呼ばれますが、近年、新しいタイプのうつ病として「非定型うつ病」も多く見られるようになりました。

典型的でないうつ病

メランコリー型うつ病と呼ばれる典型的なうつ病とは、主に何に対しても興味がわかなくなってしまったり、何に対してもやる気が持てなくなってしまったり、ほぼ一日中気分が落ち込み、たとえ嬉しいことや楽しいことがあったとしても気分が全く晴れない症状のことを指します。夕方頃になると、気分が少しだけ楽になる方もいますが、基本的には、一日中気分が落ち込んだ状態となっています。また、食欲が無くなり体重が著しく減少したり、夜も熟睡できず早朝に目が覚めてしまったり、自分を責めたり傷つけたりしてしまう症状も見られます。自分が存在する価値を見出だせないことから、「死ぬこと」を考えたり、「死に方」を考えてしまったりする方も少なくはありません。
これに対し、近年多く見られるようになった新しいタイプの「非定型うつ病」とは、嬉しいことや楽しいことがあれば気分は高揚し、食欲も旺盛となり体重も増加し、たっぷり寝ても寝足りないと感じたり、朝も気分がよかったりするのです。
こうした症状により、非定型うつ病とは「なかなか気づかれにくいうつ病」だとされています。しかし、それは列記とした病気でもあるためしっかりと治療する必要があり、治療することで治せる病気でもあるのです。